変貌した妻、男2人を利用した恐ろしい計画

ノースカロライナ州、ウィンストンセーラム。郊外に畑が広がる静かな町にある一家が暮らしていた。整備士の夫ブレントと専業主婦の妻レネー、娘のケイティの3人家族だ。

順風満帆な結婚生活を送っているように見える家族だったが、妻のレネーは専業主婦としての生活に退屈し、刺激を求めて地元ナイトクラブのトップレスダンサーとして働き始めた。

レネーは瞬く間に常連客の人気を集め、さらに複数の男性と性的な関係を持った。

そしてその中の一人、エンジニアのジョンとはブレントとの離婚を考え始まるまでの間柄になる。

しかし、娘の親権が夫に渡ることを知ったレネーは頭を悩ませた。レネーは、離婚後にケイティの為に支払われる養育費での贅沢な暮らしを夢見ていたからだ。当然親権を取れなければ養育費は支払われない。そこでレネーは恐ろしい計画を立てる。レネーに首ったけになっているジョンを利用し、ブレントを殺害しようというのである。殺害してしまえば、残された財産は全てレネーのものになり、ジョンとも堂々と交際できる。

そして結婚記念日にブレントをビーチに誘い出したレネーは、強盗に見せかけてジョンにブレントを殺害させることに成功する。

事件を不審に思った警察の捜査によって、2人は逮捕され、裁判によってレネーは終身刑、ジョンには最終的に懲役30年が言い渡された。