毒ヘビも鷲掴み!今回も「ワイルド」な冒険

イケメンの爬虫両生類学者、フランク・クエスタが世界中で動物たちと過激に触れ合う人気シリーズ『ワイルド!フランク』。今回の舞台は野生動物の宝庫、オーストラリア。ダーウィンが進化論に関する研究を行っていた大地でその足跡を追いつつ、動物たちを紹介するのが今回のテーマだ。

オーストラリアにで最初に出会った動物はハリモグラと言われる背中をトゲで覆われた動物。哺乳類では珍しく卵で子どもを生み、カンガルーと同様に袋の中で母乳を与えて子どもを育てることなどを解説するフランク。そして、背中のトゲに刺されながらも、自分の腹の上に乗せたり、隣に寝転んだりと早速土だらけに。さらに、不意にハリモグラを頭に乗せてカメラにニッコリとするはずが、ハリモグラの強力な爪にガッシリと頭を捕まれてしまう。そのあまりの痛みに「ちょっとカメラ止めてもらっていい?本当に痛いんだ!」と涙を浮かべる一幕も。

さらに引き続き動物を探そうとジャングルの中を歩くフランク、「オーストラリアのジャングルを歩くときは毒ヘビに注意しないとね」と話していたところ、オーストラリアはもとより世界レベルで危険な毒ヘビとして有名なタイガースネークと遭遇。コブラ科に属するだけあって一噛みで人間を死に至らしめる毒を持つヘビに出会ったフランクは怯むどころか大喜び。「リラックスしてる、最高の状態だね」といいながらしっぽを掴んで持ち上げるという暴挙に出る。当然怒り狂ってフランクを攻撃しようとするタイガースネークを手に持ちながら、フランクはタイガースネークがいかに危険な毒ヘビかということを解説するのだった。

子供のような無邪気さで動物たちと触れ合う姿は、フランクがいかに動物たちを愛しているかということを伺わせる。ダーウィンの進化論にも触れながら、野生動物以上にワイルドなフランクのアグレッシブな冒険に今回もご期待いただきたい。

初回放送:7月6日(金)22:00
『ワイルド!フランク』はアニマルプラネットにてご視聴頂けます。アニマルプラネットを未視聴の方は、こちらからご確認ください。

RELATED POST