Credit : De Baecque

ワーテルローの戦いでナポレオンがかぶった帽子、約3600万円で落札

ナポレオン・ボナパルトが1815年のワーテルローの戦いで身につけた帽子がオークションで落札された。落札価格は28万ユーロ(約3600万円)だ。

 

ワーテルローの戦い

ナポレオン戦争の最後の戦いとなったワーテルローの戦いでは、ナポレオン率いるフランス帝国がイギリスやオランダなどからなる連合軍と戦い、ナポレオンが敗北した。英国立軍事博物館によれば、この戦いでナポレオン側で死傷または捕虜になった兵は4万人、連合軍側は2万2000人だった。

ワーテルローの戦いでナポレオンが被っていた帽子は、ナポレオン敗北の後にオランダ人のキャプテンにより戦場から回収された物とされる。

 

ナポレオンの二角帽子

そんな歴史を持つこの帽子はフランス、リヨンのオークションハウスDe Baecqueにて、ワーテルローの戦いから203年を記念した競りにて28万ユーロ(約3600万円)で落札されることとなった。BBCによれば今回落札したのはフランス人の歴史アイテムコレクターだという。なおこの帽子は1986年にもオークションにかけられており、そのときは僅か4万ユーロ(約508万円)での落札であった。

これは二つの角を持つ「二角帽子」で、角を前後に向けて被ることもできるのだが、ナポレオンは戦場で自分が見分けられるようにと左右に二つの角が向くように被っていた。ナポレオンは帽子を沢山持っていたことでも知られ、彼はこのような帽子をキャリアの中で120個用したとされるが、De Baecqueによればそのうち19しか現存していないとみられている。

RELATED POST