火星で地球外生命体を捜索する方法

最新技術を駆使して火星で生命体を捜索する方法を紹介する。

ステップ1 惑星探査機を作る
足場が悪い場所を想定し、安定性を保つため探査機の車輪は6輪つける。3輪1組の接地点が2組できることで常に車体を支えることが可能。
表土の掘削と採取を担うのにロボットアーム、地球との交信や情報分析に使うためにカメラやアンテナを設置する。
またモーターに電源が必要になる。火星では太陽光が弱いため原子力を使って発電する。

ステップ2 火星への出発
火星到着まで258日かかる。

ステップ3 火星に着陸
大気圏に突入後、探査機を切り離し、超音速パラシュートで減速して逆推進ロケット8基で降下する。探査機は軟着陸させる。

ステップ4 科学調査を開始
アームを伸ばしていよいよ地面を掘削する。

人間と違い惑星探査機は休憩や睡眠の必要がなく稼働し続けることができる。今後、生命体の発見にさらなる期待が高まるだろう。

RELATED POST