テキサス州立公園の湖で巨大魚が釣り上がる

米テキサス州の州立公園で12.7kgもある巨大魚が釣り上げられた。

 

レイク・アローヘッド州立公園

テキサス州レイク・アローヘッド州立公園には、美しいビーチのある湖がある。キャンプやハイキングもできれば釣りもできるし泳ぐこともできる場所だ。

ここでは毎年子供向け釣りコンテストと大人向けのラフ・フィッシング・コンテストが行われる。ラフ・フィッシュは、主にゲームフィッシュでも、食用に適した魚でもない魚の総称で、例えばコイやダツなどがこれにあたる。

 

モンスター級の魚

Credit: Lake Arrowhead State Park – Texas Parks and Wildlife via Facebook

そんな素敵な州立公園で今回ジョエル・ラングストン(Joel Langston)によって釣り上げられたモンスターフィッシュは、ラージマウス・バッファロー(ビッグマウス・バッファロー)と呼ばれるコイ目サッカー科の北米の淡水魚。レイク・アローヘッド州立公園公式Facebookページはこれを6月12日に掲載しているが、これが毎年6月最初の土曜に行われるラフ・フィッシング・コンテストで釣り上げられたものかは不明。だがこの湖で釣り上げられたものとして最大級であるのは確かで、現在記録承認待ちだ。

もしかしたらテキサス州のこの美しい湖にはまだまだ巨大魚が隠れ潜んでいるのかもしれない。