Credit : RyanMcGuire / Pixabay

お腹が空くとなぜイライラするのか?心と体の密接な関係が研究で明らかに

お腹がペコペコだとつい運転が荒くなったり怒りっぽくなるのはなぜなのか。エネルギー切れで自分の感情をコントロールできなくなるからというのが今までの定説だったが、どうやらそれでは説明がつかないようだ。

米ノースカロライナ大学チャペルヒル校で心理学の博士課程を学ぶジェニファー・マックコーマック氏の研究によれば、人は空腹を感情として経験する傾向にあるそうだ。空腹時に感じるネガティブな感情を概念化してしまうと、「自分はイライラしてるんだ」と思い込んで否定的な感情に同調しやすくなったり、その否定的な感情を他人のせいにしやすくなるそうだ。

 

体と心の関係

「ハングリー」というカタカナ表記には英単語がふたつ該当する。ひとつは空腹の状態を表す「hungry」で、もうひとつは「hungry」と「angry」を合体させたスラングの「hangry」だ。オクスフォード英語辞典によると

hangry
【形】(口語)お腹が空いてイライラしているさま。

 

となっており、お腹が空くとイライラするという因果関係を示している。

ところが空腹とイライラは逆の関係もありうるとマックコーマック氏は指摘する。例えば、心のすき間を空腹と認識し、そのすき間を埋めようとするがために暴飲暴食に及ぶケースもあるだろう。

心理学ではこれまで空腹、そのほか疲労や病気などの身体的な状況と感情とは別々に成り立つと考えられてきた。ところが最近の研究ではそれらの身体的な状況がわたしたちの感情や認知に深く作用していることがわかってきている。

実際、人間の体は空腹を感じるとコルチゾールとアドレナリンを含むストレスホルモンを分泌する。ひもじい思いが強ければ強いほど、ホルモンの影響で神経が張り詰めたり、ピリピリしたり、不快に――要するに「hangry」に感じるそうだ。

でも「hungry」だからといってすべての人が「hangry」になるわけではない。そこで、マックコーマック氏は空腹がもたらす感情がどのように人の感覚に影響しているかを調べた。

まずマックコーマック氏は数百人のアメリカ人の被験者に、ネガティブ、ポジティブ、またはどちらともないニュートラルな画像を見てもらい、その後で無作為に選ばれた漢字一文字の意味を考えてもらった。

Credit: Jennifer MacCormack

被験者のうちお腹が空いていたと答えた人たちは、お腹が満たされていた被験者に比べてネガティブな画像に引きずられる傾向がみられたそうだ。ポジティブ、またはニュートラルな画像を見た後の反応に違いはみられなかったという。

空腹だとなぜ否定的な方向だけにバイアスがかかってしまうのか。人の知覚は感情によって左右されるのだが、空腹がもたらす感情がもともと否定的なために、否定的なことが輪をかけて否定的に捉えられてしまうからだという。

 

怒らせる実験

さらに、マックコーマック氏は別の実験で被験者を「hangry」にさせることに成功した。

大学生を「6時間以上なにも食べていないグループ」と「1時間以内にたらふく食べて満たされているグループ」とに分け、どちらにも同様に偽の視覚調査を受けてもらった。パソコンで延々と無意味でしんどい作業に取り組んでもらい、もう少しで終わる…!という時にパソコンがあたかもクラッシュしたかのように見せかけて、それを被験者のせいにした。

追い詰められた被験者には、さらに追い打ちをかけるようにアンケート調査を依頼。実験が適切に行われたか、調査官の態度は公平だったかなどクオリティーコントロールに関わる質問用紙に記入してもらった。

かなり荒っぽい実験方法だが、得られたデータは見事に仮説を支持するものだった。すなわち、空腹グループのほうが実験を酷評しており、調査官が厳しい、批判的だったなどと報告していたのだ。

おもしろいことに、実験の途中で感情についての小論文を書かされた被験者たちは「hungry」でも「hangry」にならなかった。自分の感情の動きを把握していれば、お腹が空いてもイライラしないで済むということらしい。

 

「Hangry」にならないためには

お腹が空いてもイライラしないためのキーワードはふたつ。環境と自覚だ。

否定的な環境にそもそも身を置かないことで、否定的なバイアスを避けることができる。例えばミーティングが長引いてランチを食べ損ねてしまっても、感情まかせに当たり散らさないためには気分転換が重要。ユーモアでまわりの雰囲気を明るくするよう務めても効果がありそうだ。

さらに自分の感情の動きを把握し、イラっときても「これはお腹が空いている証拠」と自覚することで「hangry」にならずに済む。もちろん、「hungry」になる前に小腹を満たしておくのが一番の得策なのだが。

RELATED POST