Credit : SJADES2018 新種のカニ

誰も見たことのない深海の神秘的な新生物たち、インドネシアの南西沖で発見

地球を覆う海の面積の割り合いはじつに70%。陸地よりもはるかに広く、そして深い。「海の深さの平均はおよそ4,000メートル」と話すのはシンガポール国立大学のピーター・ウン教授。そして深海にはまだまだ謎がたくさん残されているそうだ。

Credit: National Centers for Environmental Information, National Oceanic and Atmospheric Administration

その謎のひとつにインドネシアのジャワ島南西沖に広がる深い海がある。今までほとんど調査されてこなかったこの未知の海域で、今年の3月から4月にかけてシンガポールとインドネシアの共同チームが新種の海洋生物を次々と発見した。

Credit: National University of Singapore

調査船はジャカルタ港を出発し、スンダ海峡を渡ってジャワ島の南側へ。そこからプラブハン・ラトゥとチラチャップの海岸線に沿って東に進み、たった14日間の航海中に1万2,000以上の底生種を回収した。

800種以上に分類され、海綿・クラゲ・海洋軟体動物・ヒトデ・ウニ・蠕虫類・カニ・エビ・魚などが含まれた。今まで誰も見たことのなかった新種は12種に上る。この海域の生物多様性を如実に物語る結果となり、2020年までに詳細な報告書がまとめられる予定だ。

サンゴに住む珍しいヤドカリ――Credit: SJADES2018

『SJADES 2018』と名づけられたチームにはシンガポール国立大学とインドネシア科学院の研究者総勢31名が参加。先述のピーター・ウン教授と、インドネシアのドウィ・リスティオ・ラハユ博士がリードした。

シンガポールとインドネシアの国交樹立50周年目を記念して、より深く、より多様な関係性を築き上げる意味合いも含んでいたそうだ。

いびつな目をもつ深海イカ。海底と水平に泳ぎ、発達した大きな目で獲物を探す一方、上部の小さな目で敵から身を守る――Credit: SJADES2018

素晴らしい発見の裏には数多くのトラブルも……。出航日をかすめた台風の影響で、船出とともに荒波に見舞われメンバーの大半が船酔いに苦しんだ。

さらに、既存の地図がまちがいだらけだったため、海の深さを性格に把握できずにトロール網が海底に引っかかり、なんども破れてしまったそうだ。破れるたびに夜な夜な網を繕う苦労は相当だっただろう。

そんな努力も報われ、未知の海底からはこんな生物たちが発見された。

「チェーンソー・ロブスター」のあだ名がついた深海の甲殻類――Credit: SJADES2018
ウミユリの一種。ガラスのファイバーで身を海底に固定する――Credit: SJADES2018
「白雪姫」とあだ名がつけられた純白の甲殻類。海底に沈んだ朽木を食する――Credit: SJADES2018
深海のヒトデ――Credit: SJADES2018

漁業、天然ガス、石油やメタンハイドレード、鉱物資源など、深海に新たな資源を見出す企業が多い中、これらの資源を搾取しすぎないために調査が不可欠だとシンガポール国立大学のウン教授は語る。鍵となるのは海洋生物の生態系をより詳しく知り、どこまで採っても悪影響を及ぼさないかのリミットを探ることだ。

「ロブスターや魚を捕まえて儲けたいがために、うっかり捕りすぎて絶滅させてしまった…なんてことはもうだめだ。『うっかり』はもはや許されない」。

RELATED POST