地球より生命に適した惑星とは

宇宙望遠鏡ケプラーによる観測が始まって以来、太陽以外の恒星の周囲を公転する惑星が多数、発見された。その中の惑星には地球のように、生命が存在するかもしれない。その可能性を、水や大気、磁場、恒星からの位置や銀河系内での位置など、様々な観点から探る。

地球よりも大きく、生命にとってより適した環境を持つ「スーパーアース」が存在する可能性もある。それらの情報に基づく、銀河系の居住可能領域は仮説にすぎないが、日進月歩の科学技術を持ってすれば、近い将来人類以外の知的生命体との交流ができる日が来るかもしれない。

RELATED POST