Credit : Pterosaurs flying over a volcanic landscape during the Cretaceous-Paleogene extinction event.

エンジンを持つ翼、ジェットウィング!

ジェットウィングはエンジンを持つ翼。背中に装着して空を飛ぶ。最高高度は、約4000メートル、最高時速は313キロ。この飛行を可能にする技術に迫る。翼は炭素繊維で作られており、軽いうえに抜群の強度、強力なジェットエンジンも搭載している。またジェットウィングには舵がなく、頭や手足のわずかな動きで方向を変える。この飛行の体の使い方は難しく、初心者はまず練習用の翼で滑空技術を体得する。ジェットウィングで飛ぶ姿はダイナミックでまるでSF映画の一場面を見ているようだ。

RELATED POST