世界最大の時計の祭典!メイドインジャパンが放つ存在感

スイスのバーゼルで毎年開かれる世界最大規模の宝飾と時計の見本市「バーゼルワールド」。2018年は3月22日〜27日までの6日間に、世界中から約650のブランドが出展し、バイヤーやメディアを中心に約10万人の来場者が集まった。

日本メーカーのセイコーは、日本独特の伝統やクラフトマンシップを結集した新作を発表。世界の名だたるグローバルブランドと肩を並べ、大きな存在感を示した。