Credit : Wochit News via YouTube

前脚二本を失ったリス、車椅子を作ってもらう

罠にかかり前脚を失ったリスに、その替わりとなる車輪を作ってあげた話が今ネットで話題となっている。

犬や猫の車椅子や、脚を失った亀に車輪を付けたりといった話は時折ニュースになるが、更に小さいリスの車椅子はなかなか聞かない。トルコのイスタンブールに住むタイフン・デミール(Tayfun Demir)のリス、カラメルちゃんは車椅子を作ってもらった珍しいリスだ。

罠にかかったリスとYouTuber
mother nature networkによれば、デミールは怪我をしたリスを獣医に連れて行き、回復したリス、アルフちゃんの動画をネットにシェアしていた。トルコの動物好きの間でちょっとした話題となっていたデミールのところに、彼をネットで見て知っていた人物から連絡があった。なんでもイスタンブール近郊の町に、猟師の罠にかかり重傷のリスが居るというのだ。デミールはそこに赴きリスを獣医に連れて行った。リスは一命は取り留めたものの、残念ながら両方の前脚は切断を余儀なくされた。

リスの車椅子

このリスをカラメルと名付け飼い始めたデミール。木を駆け上ることはできなくなったものの、後ろ足二本はしっかりしている。後ろ脚だけでも移動方向にジャンプすることで動くことはできるが、地上で4本脚で駆け回る本来のリスの移動速度には比べものにならないくらい遅いし、体力も使いそうだ。カラメルちゃんが少しでも動きやすいようにと、イスタンブール・アイドゥン大学の整形外科医と共に前脚のかわりとなる車輪を作ってあげることにした。

当初は胴体を包むベストから単純に車輪が二つ出ているだけの簡素なものだったが、次第に進化していき、車輪の大きさを変えたり、車輪とベストの間にバネを入れ込んだりして現在の形に至っている。とは言え今のものも完璧ではなく、カラメルちゃんは動こうとしてひっくり返ったりする事も。今後もデミールと整形外科医たちはこの車椅子をより良くするために取り組んでいくという。

ICYMI: A squirrel on wheels and a drone failure(BBC News)

Squirrel injured by trap is fitted for wheels(mother nature network)

Sincap Karamel için Aydın Üniversitesi’ nde hazırlanan yeni protez çalışması ve basının yoğun ilgisi(YouTube – Tayfun Demir)

Injured Squirrel Fitted With Mobility Wheels(Wochit News)

RELATED POST