Credit : Pterosaurs flying over a volcanic landscape during the Cretaceous-Paleogene extinction event.

製作費 約12億円!? NASAの船外活動を支える特殊な宇宙服の構造に迫る

約12億円もの製作費をかけて作られるといわれるNASAの宇宙服はどんな構造になっているのだろうか。宇宙服には地球環境を再現する様々な工夫がなされている。

まず、インナーには吸水性の高いオムツのような下着を着る。そして、アウターの外皮材は11層からなり、弾丸のように飛んでくる宇宙のチリから命を守る。その他、宇宙服には、通信用ヘッドギアや宇宙で生きるために不可欠な生命維持装置を備える。さらに、万が一宇宙に放り出された時のために、噴射で移動する装置「SAFER」も装備。長い歴史の中で改良が重ねられた宇宙服で過ごす宇宙空間は、とても快適だ。

RELATED POST