火星からの隕石は、地球外生命の証拠か?

南極での隕石調査で見つかった、火星からの隕石「アラン・ヒルズ84001(はちよんぜろぜろいち)」。この石から、驚くべきものが見つかった。

石の中から、化石化したバクテリアのようなものが現れ、惑星に生命がいるらしい証拠を初めて手にしたのだ。

NASAの豊富な資料映像と当事者の証言に、最新技術を駆使した解析を加え、科学者たちが真相を検証する。

RELATED POST