Credit : softypapa via YouTube

勇敢か無謀か…地球が平らだと証明するためDIYロケットで飛ぶ男現る

先日、地球平面説を証明するために自作ロケットに乗り込んで空を飛んだ男がいた。その男は、地球平面説を信じるマイク・ヒューズ(Mike Hughes)61歳。かれは地球が平らだと証明したいがために、蒸気推進式の自作ロケットを造り上げた。

そしてロケットに自ら乗り込み、カリフォルニア州のモハヴェ砂漠から2018年3月24日に打ち上げを行ったのだ。

ヒューズの乗ったロケットは高度572mに達した後、パラシュートを二つ開きながら着地。ヒューズは背中に痛みがあるものの、無事生還を果たした。これで地球が平面だったか彼自身の目で確認出来たかどうかは不明だが、最終的には高度110kmまでロケットで飛び、写真を撮って平面説を証明したいという。

政府や大企業に頼らずとも自分でロケットを造り上げたのはヒューズだけではない。これまで、遠く空の彼方、さらに宇宙まで目指した人々が過去に存在していた。

ワン・フー

Credit: Public Domain

そんなチャレンジャーはマイク・ヒューズが最初ではない。歴史上に実際にあったことかは今や定かではないものの、言い伝えによれば、16世紀中国の政府の役人ワン・フー(Wan Hu)は、星々に近づくために、椅子に二つの凧と火薬式ロケットを47取り付けて飛び立とうとしたという。結局彼がどうなったのかは明確ではない。

アメリカの新聞ボストン・グローブのオンライン版では、宇宙歴史家のウィリアム・E・バローズ(William E. Burrows)が、「もしこれが実際に起きたとすれば」とした上で、ワン・フーはロケットに乗った最初の人物であり、自己推進式の重航空機(Heavier-Than-Air)でとんだ最初の人物でもあり、そしてロケットの飛行試験で死亡した初めての人物となるとしている。月の裏側には「ワンフー」(Wan-Hoo)と名付けられたクレーターも存在している。

1957年のロケットボーイ

Credit: Public Domain

ロシアが世界初の人工衛星スプートニクを打ち上げた1957年。すでにロケットの打ち上げは大規模なプロジェクトばかりとなったこの時代に、アメリカの17歳の少年ジミー・ブラックモン(Jimmy Blackmon)は自分で1.8mもあるロケットを造り上げた。

農場でこれを打ち上げるという彼の夢は当時の民間航空管理局からの許可が下りず叶わなかったものの、アメリカのミサイル開発を行っていたレッドストーン兵器廠の化学者たちも感心するほどの出来で、アメリカロケット協会から1000ドルの青年科学賞を受賞している。

宇宙に飛んだDIYロケット

2000年代になってからもDIYロケットは沢山作られてきた。その中でも画期的だったのは、宇宙に自作ロケットを飛ばすことを夢見た市民チームCSXTによる「ゴーファースト(Go Fast)」ロケットだ。2004年のゴーファースト初号機は高度116kmまで到達、海抜高度100kmのカーマン・ラインを超えて宇宙空間に達したことで、彼らは宇宙までロケットを届かせた最初のアマチュアチームとなった。

同チームは2014年には2号機であるゴーファーストII(Go Fast II)を発射、こちらは117kmに到達し新記録を達成している。

DIY有人宇宙飛行?

デンマークはコペンハーゲンのコペンハーゲン・サブオービタルズ(Copenhagen Suborbitals)は非営利団体で、資金はクラウドファンドで集めているアマチュアロケットチーム。60人程のメンバーたちが週末に集まって作業を進めるという、まさにDIY感溢れるチームではあるが、2011年よりすでに4台のロケットを発射してきている。

どれも未だ宇宙には届いていないものの、将来は有人宇宙飛行を目指している情熱溢れるプロジェクトだ。

自作ロケットを宇宙に、自作ロケットで宇宙に。DIY愛好家の夢は無限大だが、くれぐれも各国の法律、航空法などを守り、事故や怪我の無いようにしてほしい。

Flat-Earther Blasts Himself into the Sky on Homemade Rocket (and He Survives)(LiveScience)

A brief history of DIY spaceflight(The Daily Dot)

File:Wan Hu large.png(Wikimedia Commons)

China’s Ming Dynasty astronaut(CNN)

The next space race(The Boston Globe)

File:Vonbraun blackman.jpg(Wikimedia Commons)

Dope Can(Airplanes and Rockets)

55th Anniversary of Blackmon’s Rocket(UAH)

GoFast rocket history(YouTube – Erik Larson)

Copenhagen Suborbitals Presentation Video anno 2017(YouTube – Copenhagen Suborbitals)

FLAT EARTH ROCKET LAUNCH SUCCESS – Mad Mike Hughes – March 24th, 2018(YouTube – softypapa)

RELATED POST