ホーキング博士 その人生、その哲学

76歳の生涯を閉じたイギリスの宇宙物理学者スティーブン・ホーキング博士。第二次世界大戦中の困難な時期に生まれ、父に医師になるよう勧められるも物理学者の道を選んだ。自らの病魔と闘いながら人生を宇宙の研究に捧げた彼が、最終的にたどり着いた「生きる意味」とは。宇宙という果てしないテーマに向き合い続けた博士だからこそ持つことができる、哲学的な視点がそこにあった。

RELATED POST