Credit : Getty Images

不思議な合成物スライムが再ブーム…世代を超える人気の秘密とは

ぐにゃぐにゃした不思議な物体スライム。1970年代後半からおもちゃとして登場したことで人気に火が付いたスライムだが、どうやら最近またブームになっているようだ。創作上の生物としてのスライムも紹介しながら、スライムのブームを追ってみよう。

懐かしのおもちゃ、スライム

スライム(Slime)はもともとアメリカのマテル社が1976年に販売を開始したおもちゃだ。多糖とホウ砂により作られたねばねばした緑色のもので、プラスチック製の容器に入って販売された。これは当時かなりの人気になり、日本でもツクダオリジナルにより販売された。独特の触感が楽しいほか、いたずらに使って服や髪の毛について大変だったり、寒いところに置いていたら緩い液状になり元に戻らず「スライムが…死んだ…」なんて思ったりとか、そんな記憶をお持ちの方もおられるだろう。 

創作上のスライムたち

ゲームなどではこのようなスライム状の生物が敵として現れるが、人類の敵としての架空のスライム生命体が描かれるのはこのマテル社のおもちゃが先ではない。これより以前にもテーブルトークRPGの世界では『ダンジョンズ&ドラゴンズ』などが存在した。このようなゼリー状の生物が悪者として現れるのは、古くは1958年の映画『マックイーンの絶対の危機』(スティーブ・マックイーンが主演であるためこのようなタイトルだが、その80年代のリメイク版タイトル『ブロブ/宇宙からの不明物体』の方が有名かもしれない)に登場する宇宙生物までさかのぼれるし、より深く調べればもっと時代をさかのぼることも可能かもしれない。

YouTuberのsaigancatは、このような悪役スライム生物をインスパイアした現実の存在を挙げている。そのひとつが変形菌の一種である「カワホコリカビ」、英語での通名は「犬の吐しゃ物菌」を意味するなんともおぞましい名前のもの。そしてもうひとつは洞窟などにスライム状に垂れ下がる微生物が群生してできた微生物マットの「スノッタイト」(Snottite)。こちらは英語で「鼻水」を意味する言葉が名前に含まれているところからもその姿が想像できるが、このスノッタイトは硫酸を作り出すことから実際に人に危険なモンスターのようである。

なお、マテル自身も1977年には同社のスライムをモンスターとみなしてプレイするボードゲーム「Slime Monster Game」を発売している。

人気絶頂の80年代

80年代にはスライム単体だけでなく、 映画『マスターズ/超空の覇者』の元ともなった玩具シリーズで、コミックやアニメ展開もされたマテル社の「マスターズ・オブ・ジ・ユニバース」(Masters of the Universe)のプレイセットにスライムがついてくるという玩具も登場。他社も、作中にスライム状の液体が登場する映画『ゴーストバスターズ』とタイアップしたケナー社のスライム製品、プレイメイツ・トイズ社の『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』とタイアップしたスライム商品などを出し、スライムは大人気であった。

同じく80年代には、特定の言葉を言うと上から出演者めがけてスライム状の液体が落ちてくることでカナダの子供向けテレビ番組『You Can’t Do That On Television』が有名であった。

しかしその後は次第にスライムブームは落ち着いていったのだった。若きインスタグラマーがネットで脚光を浴びるまでは。

ブーム再来はInstagramから

そんなスライムだが、BBCによれば2017年からまたスライムブームが到来しているよう。「クレオパトラ・クラフト・グルー(Cléopâtre Craft Glue)」という会社が販売しているクラフト用の糊が、スライムを自作する人々の間で人気になったおかげで、これまでより50%も多く注文が来るようになったとのこと。

どうやらこの人気の火付け役はカナダの16歳のインスタグラマー、アリッサ・ジャーガン(Alyssa Jagan)によるものとみられる。彼女のアカウント「craftyslimecreator」は87万人以上にフォローされており、様々な色の自作スライムの動画を掲載している。様々なメディアにも取り上げられ、彼女のスライムの作り方の本はすでに10の様々な言語に翻訳されて出版されている。そんなこともあってスライムブームが再来、2018年のイギリスのトイフェアでも、おもちゃ会社各社が自作スライムキットを出していることがBBCで取り上げられている。

もちろん、わざわざおもちゃ屋さんでスライム制作キットを買わずとも、材料さえあれば簡単に作ることが可能だ。子供の理科実験で作ったことがある人もいるだろう。作り方は簡単で、よく知られているものではポリビニルアルコール(PVA)を成分に含む糊や洗濯糊にホウ砂、水を加えてつくるものなどがある。インターネット上には様々な作り方が紹介されているので気になる方はご自分で作ってみるのも楽しいかもしれない。

How slime turned around the fate of a glue factory(BBC)

How slime turned around the fate of a glue factory- BBC News(YouTube – BBC News)

SLIME!シリーズの秘密(メガハウス)

Canada’s 16-year-old slime superstar(BBC)

Slime takes over at the toy fair(BBC)

Slime: A History Of Mattel’s Grossest Toy Plus Tips On How to Make Slime!(CompleteSet)

The history of the Slime monster. (Reddit)

St. Hermelin High – Slime Monsters!(YouTube – saigancat)

80s Kids Get Slimed | You Can’t Do That On Television | The Splat(YouTube – NickSplat)

craftyslimecreator(instagram)

VINTAGE 80’S HE MAN SLIME COMMERCIAL MOTU(YouTube – 80scommercialsforever)

RELATED POST