Credit : 入れ墨が見つかった男性のミイラ - Credit: The British Museum, cropped

古代エジプトのミイラから世界最古のタトゥー発見

今から約5,200年前の古代エジプトのミイラから世界最古の男女のタトゥーが発見された。男性のものは像が描かれたものとしては世界最古のもの、女性のものは史上最古の女性の入れ墨となる。

入れ墨は古来より、願いを表すものであったり、属するものを表すものであったり、魔除けや、はたまた罪の印などとしても世界中で使われてきた。一体古代エジプトの入れ墨はどのようなものであったのだろうか。

今回発見されたもののうち、古代エジプトの男性のミイラは、実は100年前から大英博物館に展示されていたものだ。もともと男のミイラの右腕にあったシミのようなものを赤外線を用いて調べたところ、これが煤などの炭素由来の顔料を使い彫られた入れ墨であったことが判明したのだ。そこに描かれていたのは2匹の動物の図で、オーロックスという絶滅した牛と、アフリカ北部に住むバーバリーシープと呼ばれるヤギのようでも羊のようでもある生き物だった。

描かれていた動物たち

このうち描かれていたオーロックスの牡牛は、バーバリーシープよりも大きく描かれていた。古来より、牡牛は力や男らしさのシンボルとされており、古代エジプトにも牡牛を化身としたり、牡牛に代表される神が複数存在する。例えばアピスという牡牛の神、戦の神モンチュの化身とされるブキス、太陽神ラーや勃起した男根と共に描かれる豊穣神ミンと関連したムネヴィスなどの神が古代エジプトにはあった。

ヤギもまた、古代エジプトではクヌムやバ・ネブ・デデトなどの神として存在したり、生殖の代表であった。古来よりヤギは男性の性的な面を代表する存在として描かれており、例えばギリシャ神話の半人半ヤギの神パーンなどは性的なシンボルとしても描かれている。

これが興味深いのは、これまで古代の入れ墨で、繁殖や豊穣、性的な意味を持ったものは女性に入れられた入れ墨しか見つかっていないということ。今回男性の入れ墨にもそれらを象徴するものが見つかったことは新発見となる。 

入れ墨をした世界最古の女性

大英博物館にはこの男性のミイラのほかにも、同時期の女性のミイラからも入れ墨が見つかった。こちらには右肩から右上腕のに小さな「s」字状の印が列をなしていた。これは権威の象徴であり、この女性は省庁のスタッフだったのではと考えられている。また、この女性は入れ墨の入った女性としては最古のものであるということも重要な点だ。

男女のミイラ共に自然乾燥によりミイラ化したものであり、人工的にミイラ化されたものではない。今回の発見は、3月1日にジャーナル・オブ・アーキオロジカル・サイエンス(Journal of Archaeological Science)で発表されている。

もう一つの「最古の入れ墨」

ボルツァーノ博物館のアイスマン – Credit: Getty Images

これまで最古の入れ墨とされていたものは、アルプスで発見された約5,300年前のアイスマン「Ötzi」だ。しかしアイスマンの方の入れ墨は、ただの「点」がいくらか彫られているのみ。それと比較すると、今回の大英博物館のミイラは時期としては近いものの、女性の方には模様があること、そして男性のものには動物という具象的な形が描かれているという点が異なる。

研究ではこれらのことから、入れ墨の技術はアフリカ地域では5,000年以上前に確立されていたとみている。

World’s oldest tattoo art found on Egyptian mummy that has been in British Museum for 100 years(Independent)

Natural mummies from Predynastic Egypt reveal the world’s earliest figural tattoos(Journal of Archaeological Science)

Egypt: Divine Cults of the Sacred Bulls(Tour Egypt)

RELATED POST