Credit : Creative Commons

ニュージーランドで野生のウサギ駆除ウイルス散布へ

南半球の島国ニュージーランドで、意外な動物が人間の生活に害を与えているとして問題となっている。それはウサギ。この度、ニュージランド国内でこのウサギを駆除するため、ウイルスの散布が行われることとなったとBBCが報じている。

ウサギは1830年代にニュージーランドに持ち込まれ、それ以来農場の牧草を食べたり穴を掘って農地を荒らしたりなど、農家の悩みの種となっていた。第一次産業省(MPI)によると、ウサギによる作物被害は年間5,000万ニュージーランドドル(約38億6,000万円)以上。駆除費用として年間2,500万ニュージーランドドル(約19億3,000万円)以上が費やされてきた。

当局者の話によると、これまでウサギの駆除方法として猟銃による駆除、毒薬、ウサギの穴に煙を入れる、フェンスを設置するなどが行われてきたが、その数が増えすぎたため、これらの方法ではすでに限界が来ていたとのこと。そして1997年にRHDVというウサギにだけ効果を発揮するウイルスが登場。当初は高い効果を見せていたものの、20年以上が経ちウサギたちはなんと耐性を獲得。効果を見せなくなってしまったというのだ。

そんな中、3月に散布することが決定したのがRHDV1-K5。韓国で作られたこの変種のウイルスは、ウサギに感染後、内臓に作用し高熱と痙攣を引き起こし、2~4日で死に至らしめる。

今回のウイルス散布に関するニュージーランド国内での反応は様々で、農家たちには広く支持されているというものの、ウサギをペットとして飼っている人にとって、ウイルスの感染は大きな懸念となっている。ペットのウサギにはワクチンが配られるということだが、その効果を疑問視する飼い主も少なくない。

Why New Zealand is releasing a rabbit-killing virus (BBC)

RELATED POST