Credit : AeroMobil via YouTube

トランスフォーム!変形する車4選+1

おもちゃ、アニメ、映画でおなじみ『トランスフォーマー』は、車などがロボットに変形するのが売りのフランチャイズだ。さすがにそんなフィクションの世界ように二足歩行して暴れまわるロボットはまだ無理のようだが、それでも形状を変形させることで驚くべき機能を可能にする車は存在する。

1. フライング・カー

しばらく前に空飛ぶ車パルヴィ・リバティーをご紹介したのも記憶に新しいが、こちらのスロバキアのエアロモバイル(AeroMobil)社のフライング・カーも、その名の通り空飛ぶ車。折りたたんでいた翼を展開すれば空が飛べるのだ。車としては最高時速約257km、航空機としては時速360km出すことができる。 

2. VWキャンパー

ダブルバック社(Doubleback)のVWキャンパーは、ぱっと見ただのフォルクスワーゲン トランスポーターT5。だがボタンをポチッと押すと車の後ろが2m延びる。冷蔵庫やキッチンももちろんついているし、延びた部分のダブルベッドと、ドロップダウンベッドで4人が眠ることができる。価格は5万5000ポンド、約821万円だ。 

3. ハム・ライダー

通り道が塞がれてる?アニメ『アンパンマン』に登場するしょくぱんまん号のように、車輪が延びて障害物や渋滞を乗り越えてしまえ。そんなこちらのハム・ライダー(Hum Rider)は実は、スマートデバイス「hum」のプロモーション用に作られたもの。デバイス自体はスピードアラート、自動車の自己診断、緊急時のアシスタンスを可能にするというものだ。 

4. ブラック・ナイト・トランスフォーマー

こいつは軍用ビークルの開発も行うアドバンスド・タクティクス社(Advanced Tactics Inc)によるブラック・ナイト・トランスフォーマー(Black Knight Transformer)。ほぼ透明な箱に4つの車輪がついただけのような武骨な姿をした車両だが、上部についた8本の腕を伸ばせばオクタ・コプターに早変わり。安価で頑丈かつ、陸空を問わず無人操縦で負傷者や積み荷の輸送が行える。 

EX. シーランダー

最後に紹介するこちらは実はトランスフォームするのが車ではなく、キャンピングトレーラー。ぱっと見何の変哲もないキャンピングトレーラー、シーランダー(Sealander)は、水辺で着水させれば、なんとモーターボートに早変わり。以前ご紹介した水陸両用車アクアダは車自体が水上を走るものだったが、こちらは車は陸に置いておいて、ゆったり水上を楽しみたい人向けのようだ。

もちろん、どんな車の大事故を起こせば一瞬で「廃車」にトランスフォームしてしまうので、運転の際にはお気をつけて。

Top 5 Transformers Cars In Real Life 2017(YouTube)
7 Real Transforming Vehicles You Didn’t Know Existed(YouTube)
AeroMobil 4.0 official video(YouTube)
OFFICIAL: Incredible First Flight of the AT Black Knight Transformer(YouTube)
Practical Motorhome Doubleback VW Camper review(YouTube)
This RV that turns into a boat will change your holidays. Meet the Sealander(YouTube)
Hum Rider(YouTube)

RELATED POST