史上最速の車を目指すブラッドハウンドSSC、レゴ化なるか

史上最速を目指すブラッドハウンドSSCが、レゴのアイデア投稿サイトで投票を受け付けている。十分な票が集まればレゴにより公式製品化もされるかもしれない。

音速よりも更に速く、陸上車両の速度記録を塗り替える時速1600kmで走行することを目指しているイギリスの車、ブラッドハウンドSSC。全長13.4m、重さは7.5トン。戦闘機ユーロファイター タイフーンに積まれているものと同じユーロジェット EJ200エンジンを搭載するほか、これとは別にロケットエンジンも搭載され、共に用いることで13万5000馬力の記録破りの推進力を得る。

昨年10月には時速320kmの低速テストを成功させており、次回のテストは2018年10月に行われる。とはいえ次回のテストもまだ全速力を出すものではなく、時速800kmでのテスト。これは車が非常に不安定になる速度であり、テストはデータの収集などに役立てられる。1マイル(約1.6km)をたった3.6秒で走るという理想を達成するまでの道のりはまだ長いようだ。

LEGO IDEASに登場した775ピースのブロックで作られたブラッドハウンドSSCは、走行速度こそ本物に遠く及ばないが、その見た目は忠実に再現されている。LEGO IDEASはユーザーがレゴを使ったアイデアを投稿し、それにユーザーからの1万票が集まればレゴ公式が商品化に向けて動いてくれるというもの。以前D-NewsでもNASAで活躍した女性達がLEGO IDEASを通して製品化された事をお伝えしている。

LEGO IDEASユーザーによって作られたブラッドハウンドSSCのレゴプロジェクトの投票締め切りまではまだ1年以上あり、現在のところ400票近い票が集まっている。

Bloodhound SSC(LEGO IDEAS)
THE CAR(The BLOODHOUND Project)
An Introduction to The BLOODHOUND Project(YouTube)