愛猫が突然の凶暴化!? 知っておくべき重要な事実

しなやかな筋肉のついたスマートなボディに輝くような光沢の被毛、まっすぐにピンと立った大きな耳、そして印象的なアーモンド型の大きな瞳……。アビシニアンは、その美しく優雅な佇まいで世界中の人々を魅了している。

一見クールでプライドも高そうに見えるアビシニアンだが、実はとっても人懐っこくて甘えん坊。飼い主が移動するたびに後をついて回り、名前を呼べばすぐに反応する賢さと忠誠心から、「まるで犬のような猫」と言われるほどだ。

そんなアビシニアンを家族として迎え入れるならば、しっかりと理解しておきたいのが“猫の凶暴化”だ。昨日までよく懐いていたはずが、いきなり威嚇してきたり、引っ掻いて噛みつくなど野生むき出しに襲いかかってくるという、一部の猫に見られる現象である。賢さとともに神経質な一面を持ち合わせているアビシニアンは、他の猫種よりも若干凶暴化しやすい傾向にあるという。

その原因となるのは、引っ越しなどによる環境の変化、恐怖によるパニック、はたまた嫉妬や独占欲など実に様々で、凶暴化の度合いや発生頻度、治るまでに要する期間も猫それぞれ。長い月日をかけて辛抱強く猫と向き合い信頼関係を取り戻せば幸いだが、飼い主は最悪のケースも考えておくべきだろう。

「うちの子も凶暴化するかも!?」……それは実際に飼ってみないと分からないことであり、猫に限らず動物を飼う上で病気や事故、トラブルに見舞われる可能性は避けられない。この先、家族となってくれる動物に何が起ころうとも最善を尽くし、最後までとことん付き合う覚悟を決めることが、そもそもペットを迎え入れる上で最も重要な過程のひとつなのだ。