Credit : EPSRC

原子の姿をとらえた写真がイギリス科学写真コンテストで優勝

上の写真をじっくりご覧いただきたい。目を凝らしてみると、中央に神秘的な輝きを放つ点が見えてこないだろうか。

さらにズームインすると…

Credit: EPSRC

この点は肉眼ではとらえることのできないほど小さいと思っていた原子の姿。そんな驚きの写真が、イギリスの工学・物理科学研究評議会が開催した第5回目科学写真コンテストで1位に輝いた。

撮影者のデイヴィッド・ナドリンガーさんは、オックスフォード大学の量子コンピューター研究者。写真に収めた青っぽい点はプラスに帯電したストロンチウムの原子だ。原子の両側には電極が迫り、電場で原子の動きを封じ込めている。電極と電極の間はわずか2ミリしかない。

こうやって原子を閉じ込めたうえで青紫のレーザー光線を当てると、ストロンチウムの原子が光を吸収してから放射するそうだ。このわずかなタイミングを狙って長時間露出の写真に収めた結果が、今回100点以上の応募作の中から見事に優勝を果たした。

ナドリンガーさんは、この写真が私たちの日常の世界と、目に見えないミクロな量子物理学の世界とをつなぐ架け橋になってくれればと話している。

Single trapped atom captures Science Photography Competition’s top prize (EPSRC)
Scientists win photo contest with image of a single, trapped atom (ZME Science)
Picture of Single Trapped Atom Wins UK Science Photography Prize (Gizmodo)

RELATED POST