暮らしの中の素朴なギモンに答えます! 知られざるスーパーテクノロジー

アルミ缶はどうやってリサイクルしてるんだろう? カッコウ時計(鳩時計)の仕組みは?サーフボードは板なのに、どうして体を浮かせるんだろう?
……そんな疑問の数々に答えるのが「舞台裏のスーパーテクノロジー」だ。

まずは、アルミ缶の驚くべきリサイクル方から。世界中に多く埋蔵されているものの、取り出すのが難しいといわれるアルミニウム。リサイクルの優等生ともいわれ、これまで採掘された4分の3はまだまだ使われているという。しかも再生アルミで作られた巨大なインゴットは、宇宙で大活躍するあの素材としても使われていた!

本物のカッコウのように、美しい鳴き声で時を知らせるカッコウ時計(鳩時計)。何世紀にもわたってドイツ南西部シュヴァルツヴァルト地方で作られているこの時計は、素朴な見た目とは裏腹に196個もの部品から成るという。そのひとつとして欠かさない精密な組み立て作業とは、一体どんなものだろうか?

最後はマリンレジャーの代表格、サーフィン。人を乗せて波の上をスイスイと移動するサーフボードは、もちろん単なる“大きな板”ではない。そこに詰め込まれた驚くべきテクノロジーが明らかになる!

20分あまりの短い時間で、様々なアイテムにまつわる疑問をテンポ良く解決していく「舞台裏のスーパーテクノロジー」。優れた技術や作業工程、そして職人の矜持を知ったあとは、身の回りの物に対する見方も変わってくるだろう。

 「舞台裏のスーパーテクノロジー」はディスカバリーチャンネルにてご視聴頂けます。ディスカバリーチャンネルを未視聴の方は、こちらからご確認ください。 

RELATED POST