太陽系に君臨する「木星」

太陽系最大の惑星、木星。

太陽系の構築にも大きく影響したその知られざる真実。

木星は巨大ガス惑星であり、内部は高圧でとてつもない嵐が吹き荒れている。その嵐は、木星の自転によってエネルギーが与え続けられ、太陽が死んでも木星だけは自らエネルギーを作り続けると考えられる。

木星は太陽系の黎明期に形成され、初期には大移動することによって後の太陽系の構造を決定した。地球が生まれたのもこの大移動の結果である。数多くの衛星を持ち、その一つのエウロパは凍った海に覆われ、その下には生命が存在する可能性も示唆されている。

誕生時から圧倒的な存在で太陽系に君臨する木星は、未来にとって生命の最後の砦となるかもしれない。

RELATED POST