海面上昇率が近年加速している…NASA最新データ

過去25年間の衛星データを基にしたNASAの最新の研究により、地球の海面が年々上昇しているのみならず、海面上昇速度が速くなってきていることが判明した。

この新たな研究はアメリカやヨーロッパの衛星のデータを基にしたもの。1990年代の海面上昇は年2.5mmだったが、現在は毎年3.4mmの上昇している。このままの状態で加速が進めば、2100年には世界の海面が今よりも65cmほど上昇するとされている。しかし研究を率いた教授によれば、この見積もりも「控え目」なものでしかないという。

海面上昇は、温められた海水が膨張する熱膨張によるものと、氷床が解けて海に流れ出るものの二つが要因である。だがその中でも海面上昇の速度の加速については、グリーンランドや南極大陸の氷床が解けることが大きな要素となっている。なおNASAは、グリーンランドと南極大陸の氷床や氷河をより正確に観測するための衛星を今年打ち上げる予定だ。

New Study Finds Sea Level Rise Accelerating(NASA)
Sea Level Rise Accelerates Over Time(YouTube)

RELATED POST