ホラー映画ばりの恐怖!寄生虫に襲われた人の話は決して他人事じゃない

いつの間にか体に付着した、目に見えない“何か”。それがあなたの体をじわじわと浸蝕し、やがて命を危険にさらすとしたら……? 想像するだに恐ろしい“寄生体験”を紹介するのが、その名もズバリ「私を蝕む寄生虫」だ。

仲良し夫婦のポールとサラ。夫のポールはある日、まぶたに異変を感じる。かかりつけの医師の診断は「眼窩蜂窩織炎(がんかほうかしきえん)」という、眼窩(眼球が入っているくぼみ)に起こる炎症。さっそく抗生物質を服用し、一時は症状が改善したが、なぜか再び症状が悪化してしまう。そして眼科医が顕微鏡で見たものは、まぶたの下にうごめく「ゼリー状の生物」だった。

ヘザーは5人の子どもを持つシングルマザー。長女・レイシーが体調を崩した原因は風邪だとばかり思っていたが、彼女の症状はひどくなるばかり。そして数日後には呼吸困難に陥り、ついに危篤状態となってしまう。

婚約者と幸せに暮らしていたキラは味覚に異常を感じ、睡眠不足に悩まされるようになる。最初は尿路感染症と診断されたが、今度は幻覚に悩まされ、しまいには別人のように変化してしまった。

番組では、寄生虫が人体を蝕む様子を描いたCGや、実際の症状・腫瘍の写真が紹介される。番組の冒頭に「一部、刺激の強い内容が含まれています」と注意書きがある通り、ややグロテスクな光景だ。しかし、いざという時の心の準備(?)のためにも、一度見ておいたほうが良いかもしれない。番組に登場する人々のように、寄生虫や腫瘍に襲われる可能性は誰しもゼロとは言えないのだから。

 「私を蝕む寄生虫S8」はアニマルプラネットにてご視聴頂けます。アニマルプラネットを未視聴の方は、こちらからご確認ください。  

RELATED POST