Credit : NASA/JPL-Caltech/Univ. of Arizona

まるで忍び寄る巨大な魔の手…その正体は火星の埃

火星の地形に写る、まるで忍び寄る魔の手のようにも見える謎の黒影。これは実は埃が雪崩のように坂を転がり落ちてできたものだ。

白みを帯びた埃の積もった坂を、何かの原因で埃が滑り落ち、それが連鎖して「雪崩」が起きてこのような奇妙な姿が現れたのだ。何が最初に埃が転がり落ちる原因となったのか詳しくはわからないが、NASAは火星の地表が急に暖められたことと関係があるのではないかとしている。こうして偶然現れた埃の少ない黒っぽい面にも、今後数十年の時間をかけて火星の空から埃が降り積もり、周りの景色と同化してしまうことだろう。

なお画像はNASAの火星探査機「MRO」ことマーズ・リコネッサンス・オービターにより撮影されたものでNASAのウェブサイトからはピクセルあたり28.1cmの高解像度の写真を見ることが可能だ。

Splitting Slope Streaks(NASA)

RELATED POST