Credit : Getty Images

世界の絶景に佇む灯台10選…美しく奇抜で、時に激しいその姿

灯台。船舶の安全を守るために建てられたその構造物は、陸上の人々をもまた虜にしてきた。時に孤独に、時に皆に愛される場所で、光と霧笛を海へと放っていく、そんな魅力的な世界の灯台をご紹介しよう。

ジュマン灯台

トップ画像はフランス、フィニステール県にあるジュマン灯台。この灯台と灯台守は、1989年ジャン・ギシャールが撮影した写真で世界的に有名になった。嵐で巨大な波が打ち付ける中、ヘリから撮影されたその写真では、ヘリの音を聞いて灯台守が扉を開けた瞬間を捉えたもの。これはその写真ではないが、このような凶暴な波が打ち寄せる中この灯台の中に人が居ると考えると思わず身震いしてしまいそうだ。

オーフォン・プランス灯台

Credit: Creative Commons

カナダのセントローレンス川に1962年に建てられた灯台。この杯の中からチンアナゴが顔を出したかのような奇抜な灯台ができるまでは、この場所では灯台船が使われていた。

ナラロス灯台

Credit: Getty Images

灯台と言えば円柱状のものが多い気がするが、アイスランドにあるこの灯台は機能主義とアールヌーボーが合わさったユニークで美しい姿をしている。

エッグム灯台

Credit: Getty Images

夜空に輝く光のカーテン、オーロラを背景に写るのは、ノルウェー、ロフォーテン諸島にある灯台だ。

セントジョセフ灯台

Credit: Getty Images

この写真は、アメリカ、ミシガン州のミシガン湖にある灯台が凍り付いてしまったところを捉えたもの。メンテナンスも大変だろう。

イタポアン灯台

Credit: Getty Images

これまでのものとは打って変わって南国感漂うこちらは、ブラジルの湾岸都市サルヴァドールの美しいビーチに立つ灯台。

プンタ・デル・ イダルゴ灯台

Credit: Getty Images

光が灯れば『指輪物語』のサウロンの目が輝く暗黒の塔バラド=ドゥーアみたいなことになりそうだが、こちらはそんな邪悪な存在ではなくスペイン領カナリア諸島のテネリフェ島の灯台だ。

ケァルソイ島の灯台

Credit: Gettey Images

デンマーク領フェロー諸島、ケァルソイ島。人口150人足らずのこの島のの険しい地形にチョコッと乗っかった灯台は、なんだか可愛らしい。

ビーチー岬灯台

Credit: Getty Images

先ほどの灯台と見比べると「あれ、この灯台崖から落っこちちゃったのかな」と思ってしまいそうなこちらは、イングランドはイーストボーンのビーチー岬にある灯台。『007 リビング・デイライツ』のオープニングシーンや『さらば青春の光』のラストシーンなど映画のロケ地となったことでも知られる。

マラガ灯台

Credit: Getty Images

スペイン、アンダルシア州マラガ。パブロ・ピカソの出身地でもあるこの地の灯台は、1884年の大地震やスペイン内戦を乗り越え、街のシンボルとして今も景色に彩りを添える、画になる灯台だ。

The Lighthouse of La Jument(The Kid Should See This)

La Farola(Málaga)

RELATED POST