Credit : Nutella via Facebook

フランスの激安セールで流血騒ぎを引き起こした「ヌテラ」の魔力

欧米社会で根強い人気を誇るあま~~い誘惑、ヌテラ(Nutella)をご存知だろうか。チョココロネの中身をさらに甘く、さらに濃厚に煮詰めて、ヘーゼルナッツのコクをプラスしたような独特な風味は子供にも大人にも大人気だ。

そんな人気を誇るヌテラを、フランスの大手スーパーマーケットチェーンのアンテルマルシェが破格の値段で提供したところ、買い物客が殺到して商品の奪い合いが始まり、一部店舗では警察沙汰になってしまったそうだ。通常4.50ユーロ(608円相当)のヌテラを7割引きの1.41ユーロ(191円)で一斉に売り出した結果、3か月分の在庫を一瞬にして売りさばいた店舗もあったそうだが、その代償はあまりにも大きかった。

店内の混乱たるや壮絶だったようで、ある店舗では販売員が顔を殴られて負傷し、また別の店舗では髪の毛をひっぱられた女性客や、押しのけられたあげく頭に商品の箱があたったお年寄り、さらには手にケガをして血を流した買い物客まで出たそうだ。

フランスの人類学者、ソフィー・シュヴァリエ氏は、「フランスでこのような混乱は非常に珍しく、通常発展途上国で生活必需品が不足している場合などに見られる行為」と分析したうえで、「これがもしピクルスの激安セールだったならこのようなことは起こらなかっただろう。ヌテラは子供たちの大好物であり、このような破格の値段で提供されると多くの買い物客が集まるのは必然だ」とも語った。

ヌテラを製造販売しているイタリアのフェレロ社は、今回の値引きについて一切相談を受けておらず、不当なプロモーションにより買い物客に混乱を招いたことを憂慮しているという。

一方、手荒な値引き商法でヌテラ戦争を引き起こしたアンテルマルシェは懲りておらず、今週はおむつの特売を行っている様子。しかしフランスの経済財務省の内局である競争・消費者問題・詐欺防止総局は取引法違反の疑いで捜査を開始しているそうで、この激安セールの行方が注目される。

France to investigate Nutella promotion that led to ‘riots’ (BBC)

‘They are like animals’: French shoppers brawl over cut-price Nutella (The Guardian)

Fraud Officials Are Investigating Sales That Caused Nutella Riots in France (NPR)

Intermarché : après le Nutella, ruée sur les couches (Le Parisien)

RELATED POST