オス猫のほとんどがサウスポーだった…最新研究で判明

お宅のネコはサウスポー? 

英クイーンズ大学ベルファストの研究チームが調べた結果、ネコにも利き手があることがわかった。ヒトのように種として全体的に右か左どちらかを好む傾向はみられず、かわりにメスネコは右利き、オスネコは左利きが多いことがわかった。 

今回の研究では44匹の去勢手術を受けた家ネコ(オス24匹、メス20匹)の自然なふるまいをそれぞれの飼い主が家庭内で観察し、「寝る時」「階段を降りる時」「トイレの入り口をまたぐ時」の三つの行動において、右と左のどちら側を優先しているか調べた。 

このようにネコの自然な行動から利き手(利き足?)を判断した研究は今回が初めて。これに加え、従来の研究手法にのっとって「ネコの目の前におやつを置いてどちらの前足で取るか」を観察した。 

その結果、階段を降りる時は70%、トイレの入り口をまたぐ時は66%、おやつを取る時は73%のネコが右か左のどちらかを好むのに対して、寝る時はいずれを好む傾向もみられなかったそうだ。どの行動においても右利きと左利きは一貫していた。そして、メスネコの場合は右利きが多く、オスネコの場合は左利きが多いことがわかった。 

ある意味、性別による利き手の差が出たのは意外だったという。実験に参加したネコたちはすべて去勢手術を受けた「セックスレス」な動物だったからだ。過去に同様な研究がイヌに行われた結果、このような性別による利き手の差はみられなかったとしている。 

まだ研究の余地があるとの前置きをしたうえで、研究者のひとり、Deborah Wells博士は、この性別による差はオスネコとメスネコの神経構築が異なっているからではないかと推測している。実際、幅広い種においてオスとメスの脳には構造の違いが認められている。 

ちなみに、ヒトの90%は右利きだそうだ。以前はヒトのみに利き手が見られると考えられていたのだが、これまで科学的に解明されているところで、両生類、齧歯類(ネズミ)、霊長類、有袋類、イヌ、ウマ、クジラまでもが運動行動において右か左のどちらかを好むことがわかっている。

Lateralization of spontaneous behaviours in the domestic cat, Felis silvestris (Animal Behaviour)

Paws for thought. Female cats are mostly right-handed while males are lefties (The Telegraph)

Queen’s Researchers Discover that Female Cats are More Likely to be Right-handed (Queen’s University Belfast)