Credit : 提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)

NECの高性能衛星を載せたイプシロン3号機、打ち上げ成功

JAXAこと国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構が、イプシロンロケット3号機の打ち上げ成功を報告した。NECの開発した高性能小型レーダ衛星「ASNARO-2」を搭載したロケットは、1月18日6時6分に鹿児島県にある内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられた。打ち上げから2分31秒後には第1段を切り離し、6分30秒後には第2段、9分54秒後に第3段が切り離され、その後小型液体推進系「PBS」を2度にわたり燃焼させた後、52分35秒でASNARO-2を正常に分離した。打ち上げの様子はYouTubeでライブ中継配信されたが、見逃したという方はYouTubeの「JAXA | 宇宙航空研究開発機構」チャンネルで公開されている動画(上のもの)からそのときの様子を見ることができる。打ち上げカウントダウンが始まるのは動画18分50秒過ぎより。

打ち上げられたASNARO-2は経済産業省助成事業によりNECが開発したもので、「ASNARO」は「Advanced Satellite with New System Architecture for Observation」(観測用新システムアーキテクチャ搭載高性能衛星)の略。JAXA公式サイト「ファン!ファン!JAXA!」によれば、ASNARO-2は同質量の衛星では世界最高クラスの空間分解能を持ち、新興国など海外市場への提供も視野に入れている。

イプシロンロケット3号機による高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2)の打上げ結果について(JAXA)イプシロンロケット3号機 高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2) 打ち上げ中継(YouTube)高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2)とは(ファン!ファン!JAXA!)

RELATED POST