クジラを窒息させ、カモメには罠を仕掛ける!? 最強の海洋生物シャチの実態

波打ち際に突如現れるシャチと、逃げ惑うアザラシ。海における食物連鎖の頂点に立つシャチに天敵は存在しない。しかも彼らは、浜辺での奇襲以外にも多様な方法で獲物を捕らえる狩りの名手でもあるのだ。

シャチの体長はおよそ6メートル前後だが、最大級のオスでは体長9.8メートル、体重10トンにもなる。映画「ジョーズ」のモデルとなったホオジロザメでも、大きなもので重さは2トンほどだというから、その圧倒的な大きさがお分かりいただけるだろう。

さらに、シャチは哺乳類で最も速く泳ぐことができる生物の1つとされていて、海中を時速60~70キロという驚異的なスピードで移動する。彼らは「海の王者」「海のギャング」といった異名を欲しいままにしているが、実際「冥界よりの魔物(オルキヌス・オルカ)」というマンガにでも出てきそうな学名を持っているのだから、名付けた人物はシャチに相当な脅威を感じていたに違いない。シャチは魚全般はもちろん、ペンギン、アザラシ、イルカ、カモメ、さらにはホッキョクグマ、クジラ、サメといった大型生物まで、とにかく肉であればなんでもターゲットにするどう猛な生き物。しかも、人間さながらのチームワークで狩りをすることもあり、例えば大きなクジラが相手なら群れで取り囲んで少しずつダメージを与えてから、呼吸をするために海面に上がろうとしたクジラの上に乗って「窒息攻撃」で仕留めるという、えげつない狩りのスキルを披露する。さらに、獲った魚を吐き出してカモメをおびき寄せるといった「罠」を仕掛けたりと、極めて狡猾なハンターなのだ。

そんなシャチだが、不必要な争いをしない紳士な生き物としての一面も持つ。報復行動以外に率先して人を襲ったという事例は少ないが、過去には飼育員をショーの最中に水中に引きずり込み死亡させるという痛ましい事件も起きている。ともあれ、彼らが「知能を持った最強の海洋生物」であることを忘れてはならない。

RELATED POST