Credit : © 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION.

トヨタ、多目的自動運転モビリティー車両のコンセプト発表

ラスベガスで開催されているCES 2018にて、トヨタ自動車株式会社代表取締役社長の豊田章男が新たなコンセプトカー、「e-Palette」を発表した。これは電動の完全自動運転車で、中身は自在に変えることが可能。しかしこれはただの乗用自動運転車では無い、その用途は、e-Paletteの中身によって様々に変わるのだが、移動式のお店、ホテル、ラボラトリー、レストラン、カジノなど幅広い。

YouTubeチャンネルToyota Global Newsroomが公開している「Opening video」と題されるビデオによれば、例えば「靴が買いたいときに、中が靴屋さんになっているe-Paletteが近くまでやってきてくれ、中で試着、e-Paletteを出るときに自動決済」というようなものがある。従来のEコマースの弱点であった、ネットでの買い物は現物を見ることができないという点をこれで解決できるわけだ。人の移動手段としては、乗り合いタクシーのような使い方も考えられては居るが、移動中も仕事に使える専用車の例も挙げられている。職場と同じようなラボラトリー環境を再現したe-Paletteで移動することで、作業に必要な部品を移動の先々で手に入れつつも、移動時間を無駄にせず働くことができる、というものだ。車両の全長も用途により変えることができるようになっており、今のところ全長が4mのものから7mのものまでが考えられている。CESでは長さ4.8m、幅2m、高さ2.25mのデザインモデルが展示されている。

このe-Paletteコンセプトを支えることとなるローンチパートナー達は、Amazon、DiDi、Mazda、Pizza Hut、Uberとなっている。これらのパートナー達とは車両計画、応用コンセプト、そして車両実証試験などで協力するという。なおトヨタは世界各地で実現可能性試験を行いたいとしているが、まずは2020年の東京オリンピックとパラリンピックでe-Paletteその他のモビリティー・ソルーションを提供し、2020年代のはじめには米国でe-Paletteコンセプトの実現可能性試験を行う予定だ。

Toyota Unveils E-Palette Concept Vehicle At CES 2018(Forbes)
Toyota Launches New Mobility Ecosystem and Concept Vehicle at 2018 CES®(TOYOTA)
Opening video(YouTube)

RELATED POST