Credit : NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Gerald Eichstädt/Seán Doran

ゴッホの絵画?人工知能の悪夢画像?いえいえこれは木星の写真

まるでゴッホの絵画「星月夜」か、はたまたGoogleのDeep Dreamが作った悪夢画像か、といった感じのこの画像。一体なんだかご存じだろうか?

実はこれ、NASAの木星探査機Junoが捉えた木星の大気の画像なのだ。Junoは2017年12月16日に、雲の表面から1万3345km離れた位置から木星の北半球を捉えた。地球の直径は大体1万2700kmくらいだから、この写真のJunoと木星の間には地球が一個まるまる入ってしまう大きさ。画像の1ピクセルあたり9.3kmだ。それほど離れて撮影されたものであることを考えると、それぞれのうねるような雲や渦をまく気象現象の規模の大きさが感じられる。

なおNASAはJunoの捉えた写真のRAW画像データを「JUNOCAM」というサイトで一般公開しているので、気になる方は自身で確認してみると良いだろう。今回の写真もJUNOCAMからのデータを市民科学者Gerald EichstädtとSeán Doranが処理したものとなっている。

High Above Jupiter’s Clouds(NASA)

(JUNOCAM)

RELATED POST