Credit : pixabay

ガンと闘う子供たち、アニマルセラピーの効果は?

海外で広く行われているアニマルセラピー。動物と触れ合うことで、精神的な健康を回復させるために用いられている。そして今、米国でガンと闘う子供たちのため、訓練された犬の入室を許可する病院が増えているというのだ。

その効果はどれほどなのか?子供と動物たちを支援する非営利組織「American Humane」は病院と協力し調査を実施。106人の子供のガン患者、5つの病院で調査を行なった。その結果、セラピー犬と定期的に会っている子供たちは、そうでない子供たちに比べ、自身の健康への不安が少なく、学校での出席や成績などにも満足している傾向が高いことがわかった。しかしストレスや不安の程度については、セラピー犬と交流がない患者と大きく変わらなかったという。

しかしセラピー犬の効果はガンと闘う子供たちだけのものではない。セラピー犬と会っている子供たちの両親のストレスレベルが大きく下がったことがわかったのだ。今回の調査を主導したAmy McCullough氏によると、セラピー犬の効果は家族全体にもたらされるものだとしている。McDullough氏は海外メディアに対し「セラピー犬によって癒されている子供を見ることが、ご両親のストレスレベルを大きく下げることにつながり、親のストレスレベルが下がるのは子供にいい影響を与えます」と語っている。

米国内だけでも、2017年には15,270人の子供たちがガンと診断されているという。治療には多くの痛みが伴い、化学療法により頭髪を失ったり、ひどい吐き気に悩まされたりする。そんな子供たちとその家族を少しでも助けられるよう、アニマルセラピーがより普及することを期待したい。    

When kids battle cancer, therapy dogs can benefit entire family, study finds (TODAY)
New study finds pet therapy dogs reduce stress for young cancer patients and their families (Fox 4 News)

RELATED POST