惑星の今とこれから

地球を含む太陽系の8つの惑星や太陽系以外にある系外惑星がどのようにして生まれ、なぜそれぞれ違う性質を持つようになったのか?太陽系の惑星は、太陽が誕生した後に残されたガスと塵の雲から生まれた。おなじガスと塵の雲から生まれながら、それぞれの惑星はまったく違うものとなった。太陽からの距離によって、その様相はまったく違うのだ。地球に生命が誕生したのは、太陽からちょうどいい距離にあったためだ。さらに、惑星には内部構造の違いによっても、磁場を持つものと持たないものがある。NASAなどによる火星、土星、木星などの探査の結果、次々に新事実が発見されている。また今では太陽系の外でも惑星が多数見つかっている。地球に似た惑星が見つかるのも、時間の問題かもしれない。

RELATED POST