人気のゴールデンレトリバー、子だくさんなママ犬の育児が菩薩レベル

黄金色に輝くフサフサとした長毛、穏やかで飼い主に従順、他の小さな動物にも優しい性格で、多くの人々に愛されているゴールデンレトリバー。住宅事情により小型犬が好まれる日本においても、2017年度最新人気犬種ランキング(ペット保険「アニコム損保」調べ)では総合13位ながら、大型犬部門で6年連続1位と安定した人気を誇っている。

もともと遊び好きで活発な彼らだが、そうした本来の性格が前面に表れる子犬は輪をかけて元気いっぱいで、パワフルなやんちゃ坊主といったところ。まだ短く太い脚を一生懸命に動かし、母犬を追いかけ、まとわりつくように走り回る子犬の姿はなんとも微笑ましく、いつまでも見ていたくなる光景だ。

だが、一般的に体のサイズの大きな犬種ほど一回の出産で産む子犬の頭数は多いとされ、ゴールデンレトリバーも一度に7~10匹ほど出産する多産種。たくさんの子犬たちに一斉にお乳をあげ、一緒に遊んでやり、手を焼きながらもかいがいしく世話をする母犬の姿には、なんとも頭が下がる思いだ。人間界でも「妊娠・出産はゴールではなくスタート」などとよく言われるが、母性あふれるゴールデンレトリバーの姿がそれを雄弁に物語っている。

RELATED POST