Credit : Creative Commons

魚を食べると頭が良くなる理由は?

魚を食べると頭が良くなる、なんて日本では昔から言われてきたが、どうやらその仕組みが解明されつつあるようだ。

魚などに含まれるオメガ3脂肪酸は頭を良くすることと睡眠の質を上げる事が知られていた。質の高い睡眠でIQが上がるという事も知られていたが、米ペンシルバニア大学の研究で今回初めてこれらを関連付けた調査が行われた。調査では9歳から11歳までの学童541人を対象にしたアンケートで、どれだけの魚を食べているかを尋ね、彼らのIQを測定。調査では彼らの親もまた、子供達の睡眠の質について尋ねられた。

その結果、毎週魚を食べる子供のIQは、希にもしくは全く食べないと回答した子供よりも4.8ポイント高いことが判明。時々魚を食べる場合も3.3ポイント高かったという。それに加え、魚の消費が多いことが、睡眠の妨げの少なさに関連しており、これが睡眠の質の向上に繋がっているともされる。研究者達は、魚を食べる方がIQが高い理由は、オメガ3脂肪酸により睡眠の質が向上するためではないかとみている。

寝る子は育つ、とも言うが、その睡眠の質を高めることで頭を良くするのが魚というわけだ。これまで「魚を食べたら頭が良くなるなんて、好き嫌いのある子供に食べさせるための嘘だろう」なんて思っていた方はこれを機に魚にも挑戦してみると良いかもしれない。

Weekly Fish Consumption Linked to Better Sleep, Higher IQ, Penn Study Finds (University of Pennsylvania)
Children who eat fish once a week sleep better and have higher IQs, study finds(The Telegraph)

RELATED POST