太陽系の始まりと終わり

惑星系の一つ太陽系がどのように誕生し、この先どうなるのか?

現在の太陽系は、惑星が絶妙な位置に配置され、非常に安定した状態で太陽を公転している。しかし誕生したばかりの太陽系は混沌として、衝突が絶えず、惑星の軌道の変化も起こっていた。地球は太陽からちょうどよい距離にあるため水が液体の状態で存在でき、またその外側に巨大な木星があることで小惑星や彗星の衝突から免れている。そのおかげで生命が進化することができたのだ。

混沌の中で生まれた太陽系は、再び混沌の中で一生を終えることがわかっている。50億年後には太陽は赤色巨星化へと変わりはじめ、近くの惑星を飲み込み、その後白色矮星となる。太陽系のような完璧な条件を持つ惑星系は存在するのか?その可能性を持つ惑星系も見つかっている。果たしてそこに生命は存在するのだろうか?