ランボルギーニを自転車で追いかける日本の警察官の動画、海外で話題に

どんなにお金を持っていようが、どんなクルマに乗っていようが、交通ルールは守らなくてはいけない。交通ルールの無視は大きな事故につながるからだ。

12月13日、YouTubeにアップロードされた日本の動画が、海外のメディアで話題になっている。動画ではオレンジ色のランボルギーニ『ウラカン』が、交差点で左折しようと歩行者が渡るのを待っている。しかし解説によれば、信号は赤+直進矢印。もちろん、この状態で左折したいクルマは停止線で止まっていなくてはいけないのだが、ドライバーは停止線を越え、歩行者が横断歩道を渡り終えると、そのまま左折していってしまう。

    

すると即座に全速力で追いかける警察官の姿が!白バイか?パトカーか?いや、警察官が乗っているのは自転車だ。全速力で自転車を漕ぐ警察官は、次の信号でなんとランボルギーニに追いつき、そのまま安全な位置に移動させ停車させると、ランボルギーニの車高に合わせて違反処理を行う。

この動画は米国、インド、フィリピンなど、多くの国の自動車メディアで紹介され、話題となっている。海外の巨大掲示板Redditでも話題になっており、動画を見た人からは「ドラマ化すべき」「逃げ切れただろうに、悪いことをしたらちゃんと止まるのはさすが日本」「無免ライダー(漫画「ワンパンマン」に登場する正義の自転車乗り)だ…」など、ランボルギーニと自転車というアンバランスさが世界中でうけているようだ。  

信号無視のランボルギーニをフルスロットル強烈加速で追跡検挙の瞬間 (YouTube)    

Japanese police officer pursues, pulls over Lamborghini supercar…while on a bicycle (Reddit)