10日間でツリーハウスができるまで【タイムラプス】

子どもの頃、自分だけの「秘密基地」のような空間を夢みた人は少なくないはず。都会の喧騒から離れ、自然の中でほっと一息をつける場所…、仲間や家族と集える安心できる空間。そんな夢を実現すべく、本家「仰天!夢のツリーハウス」を放送しているディスカバリーチャンネル・アニマルプラネットが企画し、日本国内でツリーハウスを制作することにした。

忙しいスケジュールの中、今回スタッフが確保できたのはたったの10日間。ツリーハウスを設置するのには、長野県軽井沢町にあるキャンプ場「Outside BASE」の協力が得られた。晴れた日は木漏れ日が差込み、心まで温まるまさにツリーハウスにはぴったりの場所だ。

最終日には、社員のほとんどが軽井沢に足を運び、その完成を祝った。集うだけではなく、実際に作ることでも人と人をつなぐことができるツリーハウス。まさに「夢のツリーハウス」ができるまでの映像を、タイムラプスでぜひご覧いただきたい。

RELATED POST