KDDIの「スマートドローン構想」とは…6.3kmの完全自律飛行も可能に

数年前から広く一般に知られるようになったドローン。一時は落下の危険性や飛行可能区域の設定などで話題となったが、その有用性は間違いなく、世界中で様々な利用・実験が行われている。

この度、KDDIは4G LTEモバイル通信ネットワークを活用し、「3次元地図」と「ドローンポート」を用いた「スマートドローン」の完全自律飛行実験に成功したと発表した。ドローンポートとはドローンが着陸し充電ができる場所で、今回の実験ではドローンポートを経由し、往復でおよそ6.3kmもの長距離飛行を世界で初めて成功したという。

KDDIではモバイル通信ネットワークを活用した、スマートドローンによる安全な長距離自律飛行が可能となるインフラの構築を目指している。今回の実験は「3次元地図」による安全な飛行高度の設定と、「ドローンポート」による自動充電の実験が主だ。これらを活用することで、巨大なバッテリーを搭載せずとも長距離飛行が可能になるということだ。

KDDIは、自社の持つ基地局を「ドローンステーション」として「ドローンポート」を設置していく、「スマートドローン構想」を推進している。ドローンステーションを発着基地・充電基地とすることで、広いエリアのモバイルネットワークをカバーできるようになるほか、災害が起きた際などは、遠隔操作でドローンが現場に急行し、被災地の様子をリアルタイムにクラウドで共有できる。農薬散布といった農業での活用、配送センターをドローンステーションとすることによる長距離配送での活用も可能だ。

携帯電話の基地局をドローンステーションとして利用する面白いアイデア。実用化されれば、ドローンがさらに身近なものになるのではないだろうか。

世界初、KDDI「スマートドローン」がモバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功 (KDDI)

RELATED POST