Credit : Carnegie Museum of Natural History

意外とフワフワ?鳥の祖先「アンキオルニス」

恐竜なのか、鳥なのか。まさにその中間で進化の過渡期を体現しているような奇妙な姿なのが、「アンキオルニス」というジュラ紀後半に栄えた原鳥類だ。

先日、イギリス・ブリストル大学は、最新の研究を元に描かれた「アンキオルニス」のイメージ画を発表した。イメージ画のアンキオニルスは、四肢の爪で枝にしがみついてほぼ垂直の姿勢となっており、従来の恐竜のイメージを大胆にくつがえしている。

まず目が行くのはアンキオルニスの体を覆う正羽(contour feather)。セサミストリートの「ビッグバード」みたいなフワモコ感だが、この羽の特異な構造が今回の復元画のカギとなっている。化石化した正羽を詳細に調べた研究チームによると、アンキオルニスの正羽は羽軸が極端に短く、羽弁が固定されずにフワフワしており、羽全体が「V」の字型になっている。体温を保ち、水をはじくのに優れていたかもしれないが、羽のかたちが流線形ではなかったため飛翔には適していなかったと推測されるそうだ。

さらに、アンキオルニスの翼も現代の鳥とは大きく異なっていた。翼の羽も正羽と同様流線形ではなく、羽弁が固定されていなかったため、空気抵抗が不十分で地面から飛び立つことはできなかったのではないかとみられている。そのかわり、アンキオルニスは翼を4本持っていた。そしてその翼には現代の鳥よりも多く羽が生えていたという。手と足に加えて尾にも長い羽を生やして表面面積を上げることで、滑空飛行に適した翼だったのではないかと考えられるそうだ。

いままでアンキオルニスは鳥のように羽ばたく姿で描かれることが多かったが、羽の構造上無理があることがわかった。おそらくムササビのように梢から梢へと滑空したとみられているが、実際アンキオルニスの化石からは翼の先端に爪が発見されており、この爪を使って木々をよじ登っていたと考えられるそうだ。今でも「生きる化石」とも言われる鳥、ツメバケイの雛には翼に二本ずつ爪がついていて、枝にひっかけたり絡めたりして落下を防ぐ姿が確認されている。このことから、アンキオルニスもおそらく同じように爪を使って木々を登り、その梢から滑空していたのではないかとみられる。

これらの知見はアンキオルニスの生態を知る上で重要な手がかりだ。従来の鳥とはまったく違う生活をしていたという推測を元に、今回の復元画は完成した。絵を担当したRebecca Gelernterさんは、研究者とともに最新の発見を追いながら古生物の姿を描き出す作業をライフワークとしている。今まで積み重ねられた知見を元に、2次元の化石からアンキオルニスの複雑な生態を解き明かすことに大きなやりがいを感じているという。

Feathered dinosaurs were even fluffier than we thought (University of Bristol)
Smuggled Fossil From China (Carnegie Museum of Natural History)

RELATED POST