実は白くなかった!? 動物園のシロクマのビミョーな毛色には悲しい理由があった

お母さんに寄り添うようにして眠るホッキョクグマの赤ちゃん。一般的には“シロクマ”の愛称で親しまれているホッキョクグマは真っ白な身体が特徴だが、その体毛は白ではなく“半透明”ということをご存じだろうか。

実はホッキョクグマの体毛は1本1本がストローのような空洞になっており、光を乱反射するのできれいに白く輝いて見えるのだ。ちなみに動物園などで飼育されているシロクマは黄味がかって見えることがあるが、こちらは汚れた空気のせいで毛の中にゴミが溜まってしまっているのが原因なんだそう。

しかし薄汚れているだけならまだマシなほうで、時には全身が緑色の“ミドリグマ”に変身してしまうこともあるんだとか。とはいえ超人ハルクのような怒りモードに変身したわけではもちろんなく、ちょっとかわいそうな事情がある。

日本や東南アジアのように湿度が高い地域で飼育されているホッキョクグマは、夏になると毛の空洞に“藻(も)”が発生してしまうことがあり、それが全身に広がると抹茶のような緑色に染まったミドリグマが出来上がってしまうのだ。なんだか想像するだけで体がムズムズしてくる話だが、寒冷地に適した体を持つシロクマにとっては迷惑千万な肌トラブルと言えるだろう。

RELATED POST