Credit : トヨタ

人の動きをトレースする、トヨタの最新人型ロボット「T-HR3」

SF映画やロボットアニメの世界はすぐそこまで迫っている。自動車最大手のトヨタは、第3世代人型ロボット「T-HR3」を発表した。人間のアシスタントとなるだけでなく、操縦者がした動きをそのままさせることができる「マスター操縦システム」が大きな特徴だ。

T-HR3は医療機関や家庭での看護や介護、建設現場や被災地での作業、そして宇宙空間での任務まで幅広く対応することができるという。その身体は白いバネルで覆われており、少し長めの腕を持っている。

T-HR3の特徴の一つが、トルクセンサー、モーター、減速機などで構成された「トルクサーボモジュール」。T-HR3の関節29箇所とマスター操縦システムの16箇所に搭載され、ロボットの関節を柔軟に制御する。しなやかな動きを実現するだけでなく、柔らかく受け流し、人や物などを傷つけることなく、安全に作業することができるという。ロボットが外から受ける力を操縦者に伝えることも可能だ。

マスター操縦システムは、このトルクサーボモジュールとマスターアーム、マスターフット、そしてヘッドマウントディスプレイで構成される。操縦者はこれらを装着することで、リアルタイムにT-HR3を直感的に操作することができ、ヘッドマウントディスプレイによりロボットの視界も確認しながら操作することもできる。まるで自分自身がロボットになったかのように遠隔操作することが可能だ。

トヨタは1980年代から産業用ロボットの開発をしており、人と共生するパートナーロボットの開発を進めているという。T-HR3は11月29日~12月2日まで東京ビッグサイトで開かれる「2017国際ロボット展」に出展予定ということで、興味のある人は実際に見に行ってみるのもいいだろう。SF映画やロボットアニメに登場するような「マスター操縦システム」。この技術を応用すれば、怪獣や宇宙人が攻めてきても戦える…かもしれない。

トヨタ自動車、第3世代のヒューマノイドロボットT-HR3を発表 (トヨタ)

RELATED POST