エドのレストア、ミニ・モーク

今回再生させるのは、ミニの中でも高値がつく、70年代にビーチバギーとして人気を博したミニ・モークだ。やっとの思いで手に入れたのはオーストラリア製。名車再生の達人でメカニックのエド・チャイナは、専門家の意見を参考にオリジナルの白でレストアする。

オーバーヒート防止策としてウォーターポンプを動力源としていた冷却ファンをサーモスタット付きの電動ファンにグレードアップ。サスペンションのスプリングを特注し、交換。果たして、硬かった乗り心地を改善し、かつての姿を取り戻すことは可能なのか?

RELATED POST