Credit : 同時代のガレオン船(Cornelis Verbeeck画)

400年前に沈没したスペイン船の砲弾か?千葉沖から石の球体

1609年、フィリピンからメキシコに向けて航海していたスペイン船「サン・フランシスコ号」は、千葉県沖合で嵐に会い沈没した。乗組員373名のうち、56名が死亡。生き残った乗組員たちは千葉県御宿町の人々に保護されたと伝えられている。

当時スペインの植民地だったフィリピンからメキシコに、多くの財宝を運搬中だった「サン・フランシスコ号」。しかしその沈没した場所は正確にはわかっておらず、今までその積荷は一つも見つかっていなかった。

それから400年以上の月日が流れ、この度千葉県沖合の水深40mの海底から、大砲の弾と見られる石の球体が発見された。発見したのは、東海大学が行う調査に参加していたオーストラリアの研究者、ニューイングランド大学のIan McCann氏。過去にフィリピン沖合で発見されたスペイン船に積まれていた砲弾と似ていることから、研究チームは見つけてすぐに大砲の弾である可能性に気づいたという。

英BBCがMcCann氏に行ったインタビューでは、今回の発見が「サン・フランシスコ号」がどこに沈んだのか解明する鍵になると語っている。そして同船が運搬していた積荷は、現在の価値で8000万ドル(およそ91億円)にもなるのだそうだ。

サン・フランシスコ号の沈没後、生き残った乗組員たちは日本の建造した「サン・ブエナ・ベントゥーラ号」で無事にメキシコに到着した。これにより日本とメキシコの交流が始まったのだという。

本当に「サン・フランシスコ号」の砲弾だとすれば、船体発見への大きな一歩となる今回の発見。沈没した船に眠る金銀財宝…現代に生きるロマンと言えそうだ。

San Francisco shipwreck: Divers find ‘cannonball clue’ (BBC)

RELATED POST