Credit : Jacinda Ardern (Facebook)

ニュージーランド首相の「ファースト・キャット」がネット上で人気に

去る10月26日にニュージーランドの首相になったばかりのジャシンダ・アーダーンは37歳。1856年にニュージーランド自治領となり首相が誕生し、1947年に独立した国家となって以降も、彼女ほど若い首相が存在したことはない。だがアーダーンが首相になったことで注目を浴びたのは、彼女の若さだけではなかった。それが、「ファースト・レディー」ならぬ「ファースト・キャット」となった彼女の愛猫Paddlesちゃんだ。

「ファースト・キャット」Paddlesちゃんへさらなる注目が集まることになったのはPaddlesちゃんのツイッターアカウントができたこともある。なお、Paddlesちゃんのツイッターは非公式の物で、誰がこのツイッターアカウントを作ったのかわからないとしながらも、アーダーン首相自身もツイッター投稿を楽しんでいるという。

Paddlesちゃんは多指症のために人の親指のような指を持っている。幅が広めの手が可愛らしい写真や、この「親指」をつかって物を持っているかのように見える写真などもあり、猫好きな人々の心もぎゅっとつかんだようだ。このPaddlesちゃんのツイッターアカウント「@FirstCatofNZ」(ニュージーランドのファースト・キャット)は10月21日に初ツイートがなされて以降、すでにフォロワーは1万人を超えている。

イギリスのホワイトホール宮殿の内閣府には、ネズミ対策のために、動物保護団体が保護した猫を譲り受けて「マウサー」(ねずみ取り用の猫)として飼われているLarryちゃんやEvieちゃんがいる。(非公式な)ツイッターアカウントが存在するLarryちゃんやEvieちゃんも早速、ニュージーランドのファースト・キャットをツイッター上で歓迎するツイートを行っている。他にも、在ニュージーランド アメリカ大使館には「Diplo Dog」(外交犬)Gracie Brownちゃんがおり、このGracieちゃんのアカウント(@DiploDogGracie)もツイッターデビューを果たしたPaddlesちゃんに「おめでとう&友達になろう!」などとツイートしており、Paddlesちゃんはネットを賑わす有名ペットたちの仲間入りを果たしたようだ。

第16代アメリカ大統領、エイブラハム・リンカーンも猫好きだったことで知られるが、リンカーンの時代にもツイッターがあればきっと彼の愛猫TabbyちゃんとDixiwちゃんも世界中で人気を博していたことだろう。

New Zealand’s ‘first cat’ and other political pets(BBC)

Cabinet Office cats Evie and Ossie join Whitehall mousers(BBC)

10 of History’s Craziest Cat People(MF)

Facebook

RELATED POST