太古の生物“メガロドン”の雄姿を再現!その捕食シーンが圧巻だった

もう既にその雄姿を拝むことはできないが、生物学者たちを魅了してやまない太古のサメがいた。史上最強、そして最大とも言われたサメ、その名も「メガロドン」。

クジラほどの獲物もお手の物で、ユニークな攻撃の使い手で知られるこの太古の生物は、強力な咬合力で獲物にアタック。骨を砕き、内臓を切り裂くと言われている。捕食するのは、当時生息していた他の古代の生物たち。そして仲間でもある他のサメも大好物だったのだという。

RELATED POST