Credit : Bonhams

英老舗オークションハウス、Westfieldの1902年モデル出品へ

クラシックカー、と聞くとおしゃれなイメージがあるが、今回のものは予想をはるかに超えるものかもしれない。

イギリスに拠点を構える「ボナムズ」は1793年創業。美術品や宝石、そして自動車を取り扱う老舗の国際的なオークションハウスだ。これまでにも数多くのクラシックカーなどの希少価値の高い自動車が出品されており、特に近年はその価格が高騰することから話題にもなっている。2014年8月に行われたオークションでは、フェラーリのスポーツカー、1962年式の『250 GTO』が出品。およそ39億円で落札され、当時の自動車オークション史上最高値をつけている。

この度出品されているのは、なんと100年以上前、1902年に製造されたWestfield『Model G』。米国マサチューセッツ州で1901年に設立されたWestfield社は、1903年までのごく短期間しか自動車生産を行っておらず、第一号モデルはなんと蒸気自動車だったというから時代を感じさせる。(Westfieldはアメリカに存在した自動車メーカーで、イングランドに本社を置くスポーツカーメーカーWestfield Sportscarsとは異なる)

出品されている「Model G」は4人乗りのオープンカーで、13馬力を発生させるRemington社製の2.5リットル2気筒エンジンを搭載。最高速度はおよそ80km/hだという。1990年代にレストアされ、その後事故無くおよそ4800km走行している。運転もごく簡単だということだ。

値段は20万英ポンド(約3000万円)からで、11月3日にロンドンでオークションが開催される。クラシックカー好きは要注目だ。

1902 Westfield Model G 13hp Twin-Cylinder Four-Seat Rear-Entrance Tonneau (Bonhams)

RELATED POST